ピストンポンプ

ピストンポンプ
PSL, PDL Series

ピストンポンプ PSL, PDL Series

旧:TOKUDA

お問い合わせ

PSL, PDLシリーズの特長

  • クリーンなポンプ
    オイルレスのため周囲環境の油汚染せず、また特殊材質を使用しているためクリーンです 
  • 小型・軽量・低騒音
  • 多彩な使い分け
    ・PSLシリーズ コンプレッサとバキューム兼用でコンビネーションとしても利用できます
    ・PDLシリーズ 二段引きの真空ポンプとしてさらに高真空が得られます

使用例

  • 吸引搬送装置

    吸引搬送装置

  • 医療・健康機器装置

    医療・健康機器装置

  • シリンダなどのエア源

    シリンダなどのエア源

PSL, PDLシリーズ ラインアップ

型式 unit PSL-10N PSL-20 PSL-50 PSL-100
構造   ピストン型
コンプレッサ性能 吐出流量 50 Hz, L/min 8 16 - -
60 Hz, L/min 12 19 - -
最大使用圧力 MPa 0.9 0.4 - -
真空ポンプ性能 吸入流量 50 Hz, L/min 10 14 53 82
60 Hz, L/min 12 17 60 100
到達圧力 kPa 13 15 17 13
所要モーター     単相 100 V(50 Hz / 60 Hz)
コンデンサ運転型単相誘導電動機(E種絶縁)
  定格 60 W / 2P 60 W / 4P 150 W / 4P 250 W / 4P
回転数
(定格)
50 Hz, r/min 2,750 1,265 1,300 1,315
60 Hz, r/min 3,300 1,560 1,640 1,605
電流値
(定格)
50 Hz, A 1.1 1.0 2.3 4.2A
60 Hz, A 1.1 0.9 2.2 3.7
モーター保護方式   サーマルプロテクター(120 ℃) サーマルプロテクター(120 ℃) サーマルプロテクター(120 ℃) サーマルプロテクター(120 ℃)
質量 kg 2.8 3.5 6.5 7.6
外形寸法(W × D × H) mm 105 × 148 × 105 90 × 135 × 198 126 × 188 × 229 126 × 188 × 244
使用環境 周囲温度   5 ~ 40 ℃
周囲湿度   85 % 以下(結露なきこと)
吸入ガスの種類   空気
           
型式 unit PDL-10 PDL-50    
構造   ピストン型
コンプレッサ性能 吐出流量 50 Hz, L/min 使用不可 使用不可    
60 Hz, L/min 使用不可 使用不可    
最大使用圧力 MPa 使用不可 使用不可    
真空ポンプ性能 吸入流量 50 Hz, L/min 7 45    
60Hz, L/min 9 55    
到達圧力 kPa 4 4    
所要モーター     単相 100 V(50 Hz / 60 Hz)
コンデンサ運転型単相誘導電動機(E種絶縁)
   
  定格 60 W / 4P 250 W / 4P    
回転数
(定格)
50 Hz, r/min 1,265 1,315    
60 Hz, r/min 1,560 1,605    
電流値
(定格)
50 Hz, A 1.0 4.2  
60 Hz, A 0.9 3.7    
モーター保護方式   サーマルプロテクター(120 ℃) サーマルプロテクター(120 ℃)    
質量 kg 3.5 7.6    
外形寸法(W × D × H) mm 90 × 198 × 135 126 × 244 × 188    
使用環境 周囲温度   5 ~ 40 ℃    
周囲湿度   85 % 以下(結露なきこと)    
吸入ガスの種類   空気    

※ 予告なく仕様または希望小売価格が変更されることがあります。

注意事項

  • 高温多湿、塵埃の多い場所でのご使用は避けてください。
  • 本製品は、機器組込用として製作されておりますので、単独でご使用になる場合は安全カバーなどを設置してください。
  • 周囲温度が 40℃以上のところでのご使用の場合はご相談ください。
  • 固形物または水、油などの液体が直接ポンプ内に吸引されないようご注意ください。
  • 再起動を行う際は、ポンプ内部の圧力を大気圧に戻してから行ってください。
  • 周囲環境や使用条件によっては、運転中表面温度が高くなることがあります。
    直接触れる可能性がある場合は安全カバーなどを取り付けてください。
  • 安全カバーを設置する場合は、カバー内部の温度が40℃を超えないことを留意してください。

製品に関するお問い合わせ

お問い合わせはこちらから

PAGETOP