機械設計Message

機械設計

機械設計

価格を超える機能を追求し、半歩先の未来を提案する!


【担当業務】機械設計(フラットパネルディスプレイ製造装置 インクジェット塗布装置担当)

栗林 2008年入社 工学部 機械工学科

現在の仕事

現在の仕事

私は、スマートフォンやタブレット、テレビなどに使用されるフラットパネルディスプレイの製造に用いられる「インクジェット塗布装置」の機械設計を担当しています。

パネルのサイズにもよりますが、装置を受注してからお客様に納入するまでの期間は1年どころか半年もありません。
そのうち設計の期間となれば、さらに短いものとなります。

今まで経験したこと

モノづくりの現場は、常に時間との闘いです。

限られた時間を効率的に活用し、しかもできるだけコストを抑え、さらに間違いなく設計を行うため、設計は、営業、製造、品質の担当者と一緒に、受注内容である納期、価格、品質などをもとに、スケジュール、コスト、仕様などについて話し合い、全体的な進め方を決めてから仕事を始めます。

また、実際の設計業務でも、頭の中にあるイメージをできる限り早く設計図の形にしていくように心掛けています。

今後の目標

ただスピーディーなだけではなく、お客様の気持ちに立ち、“使い勝手の良さ”を考えて真摯に取り組むことも忘れてはいけません。

技術者として価格を超える機能を生み出し、半歩先の未来を見据えた提案をする。
そうすることでお客様から必要とされる存在になることを目指します。

PAGETOP