マイクロ波装置

マイクロ波加熱は、通常の加熱方法とは異なり、被加工物自体が発熱体となるため加熱時間の短縮、均一な加熱、高いエネルギー吸収効率などの優れた特長があります。

内部加熱

  • 物質の内部 ・ 外部を同時に均一加熱
  • 周囲温度を上げないため熱効率が向上
  • 熱伝導に関係なく温度上昇するので加熱時間が短い

電波による加熱

  • 電波を吸収しやすいものだけを選択加熱
  • 熱伝導の悪い物質も加熱できます
  • 非接触で加熱できます

ハイブリット加熱

  • 熱風 ・ 蒸気 ・ ヒータと併用加熱できます
  • 減圧状態で低温乾燥もできます
  • 窒素パージ下での加熱も可能

生産ラインへ

  • 加熱電力の制御が容易で応答が早い
  • 昇温 ・ 降温の時間が不要
  • クリーンエネルギーで作業環境が改善

用途

  • 加熱/乾燥
    インスタント食品の発泡 ・ 膨化
    ゴムの予熱 ・ 発泡 ・ 加硫
    鋳物砂型 ・ 中子の硬化 ・ 接着、塗型の乾燥
    印刷インキ ・ 糊の乾燥
    民芸品の表面処理 ・ 乾燥
  • プラズマ処理
    合成樹脂成形品の表面改質(塗装性 ・ 蒸着性 ・ 接着性の向上)
    ICのドライエッチング工程
    ダイヤモンド薄膜生成
  • 解凍
    魚類 ・ 蓄肉類 ・ お菓子の解凍
  • 殺菌/防黴
    食品類の殺菌/防黴
  • その他
    野菜の減圧乾燥
    染料 ・ 顔料の減圧乾燥

PAGETOP