環境報告Environment

事業活動を行う際に地球資源の使用や地球環境への負担を最小限に抑える「使わない」、事業活動の結果として排出されるCO₂や廃棄物を可能な限り「出さない」という方針のもと、開発、生産などの事業活動における環境負荷の低減を進めるとともに、お客様がより少ないエネルギーや材料で商品を生産できる製造装置を提供します。

環境憲章

「“かけがえのない地球環境”を、健全な状態で次世代に引き継いでいくことは、現存する人間の基本的責務」という認識に立って、持続可能な社会へ貢献します。

1.環境経営の推進
“すべての事業プロセス上での「使わない・出さない」の推進”

2.環境調和型製品の提供
“開発から廃棄段階までの環境負荷低減の追及”

3.社会的企業
“ステークホルダーとの協調とCSR経営の推進”

基本方針・推進体制

環境基本方針

当社グループは、長年培ってきたコア技術(精密メカトロニクス、洗浄、真空、成膜、エッチング、貼り合せなど)を結集してフラットパネルディスプレイ、半導体、電子部品、光学薄膜などの用途向けに製造装置の開発からサービスまで、トータルソリューションを提供するモノづくりメーカとして生産活動における環境への配慮と、環境調和型製品の提供を推進します。

具体的な取り組み

1.環境経営の推進
地球資源の使用、地球環境への負担、そして事業活動の結果として排出される物を減らすことで、「環境」と「経営」を両輪とした活動を推進し、合わせて環境パフォーマンスの継続的な改善と汚染の予防、環境保護に努めます。

2.環境調和型製品の提供
地球資源の有限性を認識し、有効な利用、活用を促進します。またライフサイクルを通して環境負荷の低減に寄与する環境調和型製品の提供を積極的に展開していきます。

3.事業系活動の推進
事業活動については、環境目標を設定して、地球温暖化防止、資源の有効活用、化学物質の削減・管理等すべての事業プロセスで環境負荷低減を推進していきます。

4.社会的企業
環境に関する法令、当社が同意した指針、自主基準値を遵守します。
当社のために働くすべての人々の環境意識を高め、全員で取り組みます。
当社グループ一体となった環境活動を推進し、優れた環境技術や製品の開発と提供、および地域・社会との協調連帯による環境活動を通して、相互理解の促進のために、積極的な情報開示とコミュニケーションを行い社会に貢献します。

環境推進体制

環境管理責任者のもと、推進体制を製品系と事業系に分け、それぞれに実行責任者を定め、「全社地球環境会議」で当社グループの環境課題について対応の方向付けを行い、環境活動の全社促進を図っています。

環境推進体制

環境調和型製品

当社グループでは、環境調和型製品(Environmentally Conscious Products : ECP)の創出を推進しています。環境調和型製品とは、材料調達・製造・輸送・使用・廃棄といった製品ライフサイクルのすべての段階を通して、環境に配慮した製品のことを指します。製品の開発段階から、地球温暖化防止・資源有効活用・化学物質管理の3つの要素で環境への影響を評価し、特に優れた評価を得た環境調和型製品をExcellent-ECPと認定しています。当社グループは、今後もより多くの環境調和型製品をお客様に提案することで、地球環境負荷低減に努めてまいります。

環境調和型製品の事例:大型基板対応配向膜インクジェット塗布装置

新型微細加工装置

【環境の改善】 省資源・地球温暖化防止
   配管径少径化、液循環方法改善
   プロセス消費材削減率:65%(※1)
【価値の改善】 生産性向上
   タクト改善、塗布均一安定性向上
   時間当たりの処理枚数:6.8倍(※1)


(※1)基準機種(2011年)との比較

装置概要

本装置は、フラットパネルディスプレイの製造工程で、ガラス基板に配向膜を塗布するインクジェット塗布装置です。近年は、ガラス基板の大型化が進む中、更なる安定稼働、使用薬液の削減を求められています。
今回、大型基板対応の装置を開発しました。機能の自動化による安定稼働、送液系統の見直しによる薬液の削減などで生産性の向上を実現しています。

環境負荷の低減

従来機種と比較し、装置内の薬液配管の少径化、液循環方法の改善により、プロセス消費材(薬液)の削減率を向上しています。また、タクト改善、装置安定稼働のための機能改善を実施し、生産性を向上させることにより電力を削減し、引いてはCO2排出量を抑え、地球温暖化防止に貢献しています。

PAGETOP